2014年04月02日

松居一代の自宅の雰囲気

松居一代の自宅はけっこうテレビに出ていますが、
中身は白亜のデザインでかなり高級感が
出ていますが、
外観は豪邸というよりも、
そこそこ普通の家が大きくなった感じで、
見た目はそれほど金持ち感が出ていないように
感じました。

お金持ちというのはあまり外から見えないように
塀を高くするとか、隠したがるものですが、
一般的な門があって
思ったよりも外壁は高くない気がします。


持っている資産の割には
愛江にはあまりお金をかけてないという感じですし
意外と浪費をあまりしないタイプなのかもしれないという
部分が見えた気もしました。

http://blog.matsui-kazuyo.jp/wp-content/uploads/2012/04/DSCF0133.jpg


posted by ぱめん at 19:54| 松居一代 | 更新情報をチェックする

松居一代のアベノミクスの利益は100億円だったという説も

松居一代のアベノミクスでもうけたお金は10億円ではないかと
週刊誌に書かれていましたが、
10億円より上とスポーツ紙で報じられていました。

日刊スポーツ参考

10億円よりも1つケタが違うのだそうです。

そもそも松居一代の儲けはいくらかという試算方法が、
マンション5戸買える程度というヒントから
だいたい松居一代のマンションは2億円だからという計算で導き出されて
いましたから、
松居一代にとって自分のマンションは2億円程度ではないという
意地のようなものがあったのか。

もし100億円の儲けなら、
20億円のマンションを持っているということに
なりますかね。

時々外資系企業が法人としてマンションを10~20億円で
買ったという話は聞きますが。

松居一代にとっては芸歴30年近くやってきて、
マツイ棒やお鍋などヒット商品を生み出して、
投資に使うお金そのものが庶民とは違うんだという
プライドもあったのか。

朝4時に起きて資産運用していて10億円しか
儲けが出ないなら悲しいとまで言っていました。


「何しろ資産10億円が大間違い。
毎朝4時に起きて仕事をしているのにたった10億円なら悲しすぎる。
桁が違います」

「マツイ棒の次にプロデュースした圧力鍋は
約120万個売れて150億円の売り上げがありました。
そのロイヤルティーだけでも10億円超。
他にも20商品をプロデュースしているわけですから」。

日刊スポーツより





松居一代の世間的な評判は
あまり良くないですが、
自分は格別だとか一般人とは違うのだという
言い方はさらに印象を悪くさせるものとなるのか。



松居一代のはじめの夫はDCブランド経営者だったので、
バブル崩壊後に借金を抱えている可能性もあるし、
不幸が続いた時期もあったので、
世間を見返してやりたい気持ちが強いのでしょうかね。

20代の頃から資産運用していたそうなので、
バブルの株価急騰も経験したでしょうし、
その時だけでも数十億円お利益が出ていた可能性もありますし、
それから安定した芸能活動を続けてきたのですから、
投資に使ったお金もかなりの額なのかもしれませんね。











posted by ぱめん at 19:28| 松居一代 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。